×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 アニキャラ麻雀

ゲームの主旨
 キャラクターの「属性」によって面子を構成する麻雀です。
 通常の麻雀とは異なり、一キャラにつき一牌しかありません。
 作品や属性から共通項を見出して、4面子1雀頭の組み合わせを、いち早く成立させた者が上がりとなります。
 例えばこのような組み合わせで。


フルメタSRT要員

ライバル


ヘアバンド

上司と部下

 作中の関係性や組み合わせの妙により、役の難易度が設定され、点数は上下します。
 「いかに美しくこじつけられるか」が鍵となり、 機転と説得力がモノを言うゲームです。
 その他、牌の種類に左右されない役(立直、自摸、一発、海底、七対子、嶺上開花、槍槓)などは、
 全て通常の麻雀に準拠します。



基本ルール

  面子 雀頭 
鳴き ドラ 特殊ルール 点数・役


1.面子(3枚一組)

  作品(同一作品で揃える)属性(同一条件で揃える)の、二つの繋がりで組み合わせます。
  この面子を4つ揃えます。

  @作品の場合
  
     コードギアス
  作品が同じ牌は、背景が同色で揃っています(上の例では青色)。
  同じ色の牌が手牌に3つあれば、それで一面子が成立します。
  ※ただし、ポンする場合には「同一作品+αの条件」が必須となります。
  
   例:
     
     
「涼宮ハルヒの憂鬱のみ」 ×    「涼宮ハルヒの憂鬱+SOS団」 ○
   左:同一作品だけなのでNG
   右:ハルヒと+α(SOS団)の条件があるのでOK(但し鳴いた場合は役が下がります)

   作中で特に関係性が強いと認められる組み合わせの場合は、役が高くなります。
   例:
   
     マリみて+薔薇の蕾


  A属性の場合
      
         ポニーテール               主人公                  猫
  共通する属性(性格・髪型・色・職業・声優等)で成立します。
  アイコンにあるキャラデザ、名前、声優名などを参考にしてください。キャラの名称については
  
緑:主役 赤:ヒロイン 青:ライバルとなっています。
  ※ただし、属性で面子を構成する際には、「3牌全て別作品であること」が必須です。
   例:
     
           金髪 ×               金髪 ○
   左:「舞-乙HiME・なのは・なのは」で、なのはが二つ被っているのでNG
   右:「なのは・ローゼンメイデン・舞-乙HiME」で、3牌とも別作品なのでOK
   ※但し、この条件は声優の条件だけ例外となります。
    例:
    
            清水愛 ○
    「なのは・舞-乙HiME・舞-乙HiME」で、舞-乙HiMEが2枚被っていますがOK

  さらに条件が限定される組み合わせについては役が高く(3飜に)なります。ちなみに通常の場合は1飜。
   例:
     
           OP担当                弓使い

 


2.雀頭(2枚一組)※単騎待ち、七対子のロン上がり含む

  血縁、カップル、ライバル、主従、攻め受け、声優等、ペアとして特別な関係が必要。
  例:
       
     ライバル      恋人       師弟       声優       双子

  <単騎待ち>
  雀頭が1枚の状態で、上がり待ちのケース
  1キャラ一枚しかない麻雀ですが、単騎待ちはペアを組める牌がのきなみ多く、
  非常に上がりやすい待ちと言えます。
  例:
  
   遠坂凛が手元にあって上がれる牌
  作品の関係性では4人(士郎=恋人、アーチャー=主従、桜=姉妹、言峰=兄弟弟子)がペアとして成立
  声優繋がりでは、植田佳奈がペアとして成立

  
     遠坂凛が手元にあって上がれない牌
  このように作品が同じという理由だけでは、雀頭としては認められません。
  ロン上がりはおろか、ツモによっても上がりは成立しません(但し、その場合フリテンにはなりません)。


  <七対子>
  2枚一組を7種揃える役
  対子(ペア)となる牌は「作品+α」の条件が必須であり、同じ作品のペアを2つ作ることは認められません。
  また、上がり牌は特別な関係性を持つ組み合わせでなければなりません。
  例:
  

      舞-乙HiME     舞-乙HiME
  同じ作品の対子(ペア)が2つある場合は、上がることは出来ません。


3.鳴き

  <ポン・ロン>
  他人が捨てた牌1枚と、自分の手元にある牌2枚で、3枚一組を作る/上がる。
  全て上家優先になります(チーがないため)。
  どのようなケースでも、ポン/ロンの場合は役が1飜下がります。


  <カン>
  同一作品、同一属性の作品4牌を3牌扱いで組み合わせ、さらにドラ表示が一枚増える。
  同一作品で行う場合は、作品+αの条件が必須。
  同一属性で行う場合は、4牌全てが別作品であることが必須。
  基本的に+1飜つくが、鳴いた場合は1飜下がる
  例:
    
              仮面                        変態                         
    
            紅薔薇姉妹                 スターズ分隊                    ゆかな
   右上の「猫」のように、枚数が限られている場合は+2
飜つく。
  下段にあるような、その4人のみでしか成立しない組み合わせの場合は4飜。


  <カンの上>
  タモリ倶楽部の鉄道麻雀で、なぎら健壱が披露した珍技。特殊ルール。
  カンを5枚で行う。
  基本的に2飜つくが、鳴いた場合は1飜下がる。
  カンの上で開いたドラと裏ドラは×2扱いとなる。
  例:
   
                メガネ                             ツイテ
   
                SOS団                            五柱
  
           ヴォルケンリッター+リィン
   手牌から5枚を3枚に減らし、ドラが3倍に増えるため、ハイリスクハイリターン。
  その5牌でなければ成立しえない組み合わせは6飜。


4.ドラ

   クジを引いてまず条件を決めます。ドラ表示牌と同じ条件の牌がドラとしてカウントされます。
  (カンドラ、裏ドラについても同じ属性に準拠)

  例:
  
  「装身具」を引いてが上記の牌がドラ表示の場合、メガネキャラがドラ


  例:
  
  「配役」を引いて上記の牌がドラ表示の場合、ライバルキャラがドラ


5.特殊ルール(ローカル扱い)

  <うたわれめ>
  ドラ表示に指定が出た場合、牌に使用した作品のOP,EDをランダムでかけます。
  上がったときに流れていた曲が、OPだったら男キャラ、EDだったら女キャラが全てドラ


6.点数・役

  <点数>
   飜計算のみのシンプルな形にします。
  親は子の2倍払い&1,5倍受け。
  通常の麻雀より、1ランク下げた点数になります。例:満貫で4000点
  2飜:1000点    8飜:12000点      19飜以上:4飜上乗せごとにダブル
  3飜:2000点   10飜:16000点
  4飜:4000点   12飜:24000点
  6飜:8000点   15飜以上:32000点


  <役>
  1飜
  ・属性の条件で牌数が6以上の暗刻(食い下がりで0.5飜。合計が2.5飜となった場合は切り捨て)
  ・雀頭がその2牌でしか成しえない希有な組み合わせの場合(ロン上がりの場合は0.5飜)
   例:セイバーと士郎
  ・自摸(門前)
  ・立直
  ・一発(リーチをかけてから一巡で上がる・鳴きが入っても自分のツモまで有効)
  ・七対子(役としては1飜のみ。組み合わせの難易度により点数が上がる)
   ※作品の条件で対子を作るときは、同じ作品が2種あっては不可。
  ・槍槓(相手のカンした牌の中に上がり牌がある。暗・大・小、槓牌は全て含む)
  ・海底摸月(ラス牌で上がり)
  ・嶺上開花(カンしたときの王牌でツモ上がり)

  2飜
  ・属性の条件で、牌数が4以枚以下に限られる面子
  ・二重立直(一手目の捨て牌でリーチ)

  3飜
  ・2つの属性による組み合わせ。
   例:「ヒロイン」で「ツインテール」
  ・その3人でなければ成立しない組み合わせ。
   例:黄薔薇(江利子、令、由乃)
  ・属性ONLY(全ての面子・雀頭が属性による組み合わせ)

  4飜
  ・女性キャラONLY(全ての牌が女性キャラ)
  ・その4人でなければ成立しないカンの組み合わせ
   例:ヴォルケンリッター(ヴィータ、シグナム、シャマル、ザフィーラ)
     紅薔薇(水野容子、小笠原祥子、福沢祐巳、松平瞳子)

  5飜

  ・男性キャラONLY
  ・その5人でなければ成立しないカンの上
   例:SOS団(ハルヒ、キョン、みくる、長門、古泉)
     闇の書(はやて、ヴィータ、シグナム、シャマル、ザフィーラ)

  6飜
   ・二色(二作品のみで上がり)
  ・唯一無二カンの上

  8飜
  ・清一(一作品のみで上がり)

  役満
   ・天和、地和
   ・ALL声優(七対子含む)
   ・共通七対子(全ての牌が同じ条件で対子になっている。例:カップル、ライバル、声優など)
   ・しりとり(表記上の名前が14牌全て繋がる。最後がンか頭にループしたらダブル役満)
  ・ALL攻め受け


7.戦略


  <関係性の強い組み合わせは鳴いてでも狙う>
  
  <単騎待ちは上がりやすい?>